FC2ブログ

曲を聞きながらお空のイッヌを想う

「キロ4までならマラソンのフォームでいけるぜ、ヒャッハー!」なんて書いたものの、
Mペースで走ろうとして440すらシンドクて「マラソンあまくねーなー」と己の無力さをかみ締める帰り道w

あんまり音楽聞きながら帰ったりしないんやけど。
なんか聞いてみようか、と思って聞きながら帰る。



原曲は静かでしっとりしてるんやけどね。
アレンジで妙にポップなのが逆に効いたのか。



うちの二匹のイッヌのうちの茶色の方のがしばらく前に病気で亡くなりましてねぇ。

『もしかしてそばにおる?』

なんて考えてしまったからもういけない。
ポロッと来てしまいまして。

亡くなる時はエライしんどそうやった。
スマンのぉ。
しんどい思いさせて。

亡くなっても、思い浮かぶのは「可愛かったなぁ」って事だけだ。


DSC_0027.jpg

可愛かったなぁ。


DSC05485.jpg

可愛かったなぁ・・・食い意地はってたけど。


_1010586-2.jpg

可愛かったなぁ・・・悪い事もようさんしたけど。(後ろの方でも悪さしてる奴おるやんけ


・・・めっちゃ、可愛かってん!





まぁ、亡くなった数日後には



こんな事してたけどなっwww

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

スポンサーサイト

俺のインフルエンザと重心真下着地

インフルエンザ大流行でしたな~。
まぁ・・・ボクも見事にインフルエンザB型いただきまして。
もうすぐ泉州だっつのに。
やっぱなー、風邪ひいちゃうかー。
先生、「B型はA型よりはしんどくないんで」なんて言ってたけど、ごっついしんどかったw

せっかくランの調子が上がってきたのにぶっつり切る羽目に。
もう今さらそんなに焦りもないので、二週間弱、静かに走れる時を待ちましたわ。

ようやく昨日の夕方走ってきまして。
あー、やっぱり走るのって楽しいねぇ。
とりあえず走り方忘れてなくて良かった。

久々にスマホでフォームを撮影してみた。
めっちゃ久々。
しばらく撮ってなかったのは、単にめんどくさかっただけ。
曇ってたのと夕方だったので、暗い上に動体ブレが激しい。



撮った時はこりゃ何がなんやらわからんかも、と思ったけど割合わかるもんすね。
大体思ってた感じに走れてる。
いや、もうちょいマシかと思ったけどw
まだまだかー。



これが前回撮った時のやつ。
前回にくらべればもっさり感はなくなったかな。
最近は「重心真下で着地」って奴が無理なく出来てる感がある。
着地位置も多少後ろに下げたけど、着地地点に対して上半身を載せるってのがなんとなくできてきたからだと思う。
これができると、走っててもかなり軽く足を回せる。
「出来てる」とボクが感じてるだけなので、実は出来てないって可能性もあるけど。
それは実によくある事なのでw

上半身が多少柔らかく動かせるようになったので、前より動きがスムーズになった。
特に腕振り。腕だけ振るんじゃなくて根元の方(肩甲骨?)からくりくりと軽く動かしてる。

脚の方は動かし方の意識はかなり変わった。
前は地面を押す事ばかり考えていたけど今はほとんど考えない。
前は「押さねーと体前に進みませんやん」という考え方に支配されていたので。
やっぱ地面を押すことしか考えない走りは脚の筋力頼りなので、すげー疲れる。
脚の筋力に頼った走り方だと、フルの距離を耐えるためにひたすら脚を鍛えて耐え忍ぶ事になるので、それを止めはしないけどとても大変な事だ。気が遠くなる。

今は脚の動きとしては「脚を縮める(たたむ)」「脚を下に伸ばす(開く)」の繰り返ししか考えない。
膝を前に出すとか踵を上げることも感覚としてはほぼ考えない。
シュッと力まずたたむ(引き戻す)事だけ考えてれば、踵は勝手に上がってる。
脚を下に開く時に上手く上半身を載せられれば、ぴゃーっと前に進む。

脚を動かすときも必ず胴体の動きも意識して動かす。
重心とか動かす起点の意識も腰とか低い位置ではなく胸(みぞおち?)ぐらいまで引き上げた方が脚のダメージが少ない。
腰から動かす意識では、まだ脚頼りの走りの感覚がある。

まぁ、まだ上下動が多すぎるし後ろの足がスカってる感じがある。
姿勢をもうちょい改善してしっかり上半身を載せた走りができるようになりたい。
脚の引き戻しのタイミングもちょっと遅い?
うーん、イマイチよくわからんな~。

スピードはすんなり出せるようになったので、E~Mペースで10~15kmボチボチ走っとけばフルの記録は伸びると思う。
心肺的余裕がもうちょい欲しいかなぁ。
キロ4ぐらいまでならマラソンのフォームで無理なく走れるので、将来的にサブ50ぐらいまでなら記録伸ばせるとみた(出たビッグマウス
一体何年かかるのか知りませんけどwww

つか、やっぱフルマラソンて長い。長すぎる。
サブスリーぐらいで一区切りしてハーフとか10kmをメインに楽しむのもありかもしれない。
少なくとも健康にはそちらの方が良さそうw
まぁ、サブスリー出来てから言えって話。

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

体幹から動く

体幹を使って走るってどういうことやねーん?というのが非常にわかりやすい例があったので取り上げてみる。



赤シャツコーチがすげえ。動きが滑らか過ぎる。
生徒達のガッチガチの動きとの対比があるので余計に。
ドリルをこなす時の動きの差もさることながら、意識の差もかなりあるように見える。

まず0:52からのドリル。

01_aka1.png

前に出した脚に対して

01_aka2.png

するっと上体を載せにいく赤シャツ先生。

対する生徒の動きは

01_seito1.png

前に出した脚を

01_seito2.png

戻すだけの動き。

先生の脚の動きしか見てないからそうなりますわな。
同じ動きでも意識に差があると全然違ってくる。
推進力に大きく差が出るのは想像に難くない。
脚の動きだけを追っても速くなれない。
体を前に速く進めるのが走るって事なので、それをやるにはどういう意識でドリルをやればいいのか?って考えながらやらないとダメなんだろうねぇ。

その他の動きでも赤シャツ先生の動きは体幹主導の動きになっており、根元からぐわーんと大きく動いているのがわかる。
5:20からの赤シャツ先生の動き。背中が柔らかく骨盤からぐわっと大きく脚が動いている。
8:00からの腕回しのドリルでは赤シャツ先生は肩(肩甲骨)が大きく上下しているのに対し、生徒は肩がほとんど動かず動きが小さい上にぎこちない。
腕動かす時に肩甲骨から動いていて、肩甲骨まわりの筋肉に余計な力みがない(背中を柔らかく使えてる)からぐりんぐりん動くのだ。

体幹部を柔軟に使う事によって稼動域を大きく滑らかに動かしている好例だと思う。
肩甲骨と骨盤。その間にある背中の筋肉がやわらかーく動く事。
脚の動きだけで走るのではない、体幹の動き起点のダイナミックな走り。
脚への負担も少ないだろう。

ローラさんが教わったらしい「トカゲウォーク」。
見たことないし言葉だけしか知らないんすけどw
たぶん競歩みたいな動きだと思います。
アレもたぶんそういう事なんじゃないかと思いますわ。(かなり推測


・・・まぁ、ボクは全然出来ないんすけどね。
こんなぐわーんて大きくしかもリズムよく動くわけないですやんw凄すぎw
背中をやわらかく使うのは結構意識してるけど、ちょっとはマシになったかなぁ?程度っすわ。
脚に上半身載せにいくのも意識はしてるんだけど、ちゃんと出来てるかアヤシイ。良くはなってる。
姿勢を腹筋とか背筋で固めてると上半身載せが上手くいかない。
余計な力みを取って胸とか肩甲骨とかがまるで浮いてるみたいな感じにしないといけない。
「胸はほとんど芯の方、背骨だけで支えてます!」みたいな感じ?
大きく、軽く、滑らかに。
言うは易し、行うは難し。

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

メガネくん式、故障必勝法

某故障した方に対してコメントしようとしたらクソ長くなった上に「偉そうに思われたらヤだな」という気持ちも働いたwので記事にしてみる。

ボクも結構故障をやってきた。
この豊富な故障の経験(嬉しくない)から故障が一番早く治る方法が何かというと。

「走らないこと」「体のバランスを整えること」の二点。
普通でスンマセン。

何故故障するのか?
「体のバランスの悪さから一部の筋肉が緊張し、そこに負荷がかかりつづける事によって筋肉が損傷する」
オーバーワークも原因の一因といえばそうなのかもしれないけど、オーバーワークが主原因なら疲労でペースが上がらないとか調子を大きく崩してしまうといった結果になるはず。
やはり体の中の部分的な偏った負荷が故障の原因と考えるのが自然。

治すためには「まずは筋肉の損傷を回復させる」「一部の筋肉に負荷がかかりすぎないようにバランスを整える」のが良いです。

最初のステップ「まずは筋肉の損傷を回復させる」を実行するにはとにかく走らない事。
違和感がほぼほぼなくなるまで走らない。
レースも勿論走っちゃダメ。
特にフルマラソンは故障を悪化させる条件としては申し分ないレース。
DNF前提で「とにかく行けるとこまで行く」とか「ハーフでやめる」というのもダメです。
DNFしても走り終わってしばらくは「走った事は後悔してない(キリッ」なんて思うんやけど、後から思えばただのアホですわ。
逆に言えば「レースに出ない」と決めてしまえば走らない事は容易い。
レースに出たいから走ってしまうので。
エントリーすらしないのがベストだ。

故障中にレースに出る事の危険性としては、故障し尚且つトレーニング不足の状態で負荷をかけつづける事によって「別の故障を誘発させてしまう」「故障の悪化、故障期間の長期化」が上げられる。
これはかなり辛い。長引くともう今後治ることはないんじゃないかとさえ思ってしまう。
ボクは4年前に故障した状態で泉州を走ってDNFしたけど、別の故障を誘発させ長期化して半年ほど故障を長引かせた。
泉州は「なんか不安だけどもう故障は治ってるんじゃないか?」と期待して走ったけど、治ってなかった。
治ってるか治ってないんだかよくわからない内は、まず治っていない。

じゃあ違和感が消えない内は何もできないのかというと、出来ることはある。
「体のバランスを整えること」ができる。
走ってなくても故障の治癒に時間がかかることがある。
何故かというと「走ってなくても体のバランスの悪さから一部の筋肉が緊張し、そこに負荷がかかりつづける」状態なんじゃないかと思う。
立つ、座る、歩く、これらの動作でも体のバランスが悪いと偏った負荷がかかる。
故障した箇所の筋肉が緊張し伸びてちょいちょい負荷がかかる。
体のバランスが悪いってのはつまり姿勢が悪いってこと。
良い姿勢をこころがける。
大事なのは故障箇所の筋肉を緊張させないで動作できるようになる事。
故障箇所の筋肉をなるべく弛緩した状態になるような姿勢の保ち方を探る。あれこれやってみる。試行錯誤する。
例えば下腿を故障した場合、なるべく下腿の筋肉をリラックスさせる。
腰や太腿の筋肉を使えるようにする事で下腿の筋肉の負荷を減らさせたり。
太腿の筋肉を少し伸ばすように使ってみたりする。
腰から下だけでなく上半身にも気を使ってみたりする。
背中が硬いとか、首まわりが硬いとかよく凝るとか。
緊張してしまっていた部分を緩めた状態で、歩く、立つ、座るができるようにする。

体のバランスがきちんと整えられれば、故障からの復帰はかなり早くなると思う。故障の予防としても効果大。
しかし、これがかなり難しい。何せ正解がわからない。
姿勢の悪い状態になれきってしまっているので、どうしていいのやら最初はわからない。
とにかく硬いとか動きが渋い部分の筋肉を緩めていく。
諦めずに試行錯誤するしかない。

走るのは違和感が完全に消えてから。
すこしずつ走る。いきなり5kmとか走らない。2、3kmで我慢。
問題なければすこしずつ距離を増やす。
不安な感じや違和感が出たらその時点で中止し、二日ランオフ。
欲張ってもいいことなど何もない。
走れる事に感謝し謙虚に生きましょうw

走れるようになった後も油断せずに体のバランスや使い方に気を払う。
「なんかわからんけど治ったわー」なんて油断してるとまた故障したりする。
一度故障した箇所の動きは特に気をつける必要がある。
全身を使った柔らかい動きを心がける。

故障に関してはマラソンに対する熱い思いは毒にしかならない。
冷静に対処する事が肝心。
気持ちをいかに早く切り替えられるかも、早期回復の為に大事なこと。
効果的なのは別の趣味をやる事。
別のことやってる間はマラソンのこと忘れられるし気持ちに余裕も出てくる。

追記
故障する時期としてはレース後の2週間。
この魔の2週間が一番危ない。
重々注意されたし。

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

信太山クロスカントリー5kmを走ってきた

大阪マラソン、めちゃくちゃ楽しかった。
ので、やる気出して練習励もうとしたら故障しかけたw

故障には馴れてるのでしばらく全く走らないようにしてから練習再開。
馴れてるけど、「あぁ、もう泉州無理だよ...」と腐っていた。

けどここ二週間はフォームもバッチリで調子良く走れており。
こりゃー、結構いけますで!と臨んだ信太山クロスカントリー5km。



人生初のヒトケタ順位達成。すんげー、嬉しい。
あわよくば20分切りたかったけど、ちょっとコース厳しすぎて無理ゲーやった。

まぁ、5kmは人数少ないからねー。
来年も5km出ようw
入賞は六位。来年入賞できたらいいなぁ。
20分切れれば入賞できそう。

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

カウンター

プロフィール

メガネくん

Author:メガネくん
2013.2.12から走り始めました。
久米田池の周りをぐーるぐる。

自己ベスト
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35

参戦予定大会
2016.12.23 加古川マラソン フル
2017.01.29 大阪ハーフ
2017.02.19 泉州国際市民マラソン フル

大会結果

2013.4.29 堺シティマラソン 10km 47:18
2013.10.27 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:45:33
2013.11.3 淀川市民マラソン フル 3:50:58
(初フル 目標サブ3.5 大撃沈)
2013.12.15 三田国際マスターズ ハーフ 1:42:33
2014.2.16 泉州国際市民マラソン DNF
2014.5.3 武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン DNS
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2014.10.26 和歌浦ベイマラソン1:41:28
2014.11.23 福知山マラソン3:58:03
2014.12.14 三田国際マスターズマラソン DNS
2015.1.11 信太山クロスカントリー 10km 49:04
2015.2.15 京都マラソン フル 3:36:01
2015.3.21 大阪城リレーマラソン DNS
2015.4.05 紀の川市桃源郷ハーフ 1:39:12
2015.8.30 夢高原かっとび伊吹 10km DNS
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2015.11.29 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:53:37
2015.12.20 二色浜マラソン 20km 1:35:29
2016.1.10 信太山クロスカントリー 10km 45:15
2016.2.21 泉州国際市民マラソン フル DNS
2016.4.10 紀の川市桃源郷ハーフマラソン DNS
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21

ブログ村ランキング

検索フォーム