背中に翼が生えるフォームを習得

メガネくんのランナーレベルが1あがった!
特技 背中に翼が生えるフォームを習得した!

背中に翼が生えるフォーム(レベル1・パッシブスキル)
スピード+1
持久力+1
スピード持久力+1
腕振り+1
フォーム安定度+1
故障耐性+1
かっこよさ+2

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━ !!!!!!!!!!
京都マラソン2週間前のココでくるかーwww
やべーwww俺なんか陸上部の人みたいな感じで走れてるーーーwww
つーかあいつらいっつもこんな感じで走ってんのかwwwはえーわけだわwww


具体的には

これね。このフォーム。
今までこれを目指してきた。
バッチリとはいかないけど、大分近づいたんじゃねーの?っていう。(ほんまか?w

去年の前半は故障に苦しみ、故障回避のために5月から着手したフォーム改造。
それからは走る時は常にフォームの事を意識して走ってきた。
疲労抜きジョグの時もできるだけ大きなフォームで走るように気をつけた。
徐々に改善してきたけど・・・なんか効果が地味w
それでも最近は流しだとかスピード練習だとかをやった後でフォームが良くなる事が多くなり、それなりの手ごたえを感じていた。
でも、「なんかこう・・・違うなー。はまらないなー。」と思っていた。

ちょっとマラソン関係のサイトをぷらぷら~っと廻ってた時に、ランニングドリルの事書いてるページがあった。
そこに蹴り上げて踵をお尻につけるドリルが書いてあったの。
そのサイト、もうどこだったか思い出せないのでこのページで代用
スプリントドリル2 「かかとでお尻を蹴って走る」がそれに当たる。
自分がやってるランニングドリルとしてはこのページの練習方法3(シザースドリル⇒連続マーチング⇒ランニング)だけは必ずやっていた。
後はたまにポゴジャンプとバウンディングをやるくらい。
「そういや、この踵上げるドリルってほとんどやったことないわ。今度やろっかな。」
このドリルが今まで欠けていた1ピースだったらしい。
爆笑王に!!!おれは、なるっ!!!!

・・・最近会う人会う人に、「よっ、爆笑王!」みたいな感じで言われる。
誰もメガネくんって呼んでくれねーw
実際はそんなに面白い人でも何でもないので注意されたし!

で、土曜日。20kmペース走をやる前の2.8kmアップでこの踵上げドリルやってみた。
3回もやればすぐに感覚をつかめたので、その感覚をジョグに取り入れる。
「!・・・こ、これはw」
かなりいい感じで取り入れられたので、なんとかなじませるようにフォームを意識してジョグ。
んで20kmペース走突入。設定は5'00か5'10で迷って5'00/kmで行く事に。
8kmすぎには完全に浮かれていた。
「うっはー、遂に掴んだ!京都まで後2週間か・・・もうちょっと早くこのドリルやれてればなぁw」
2015-0202-17kmRap.jpeg

き、キロ5じゃなかったんすか。9km以降のラップがおかしい。
なんかいいペースで走る6人くらいの集団がいて、抜かれたのでついていってみたの。
4'50ぐらいかな、と思ったら4'40だったわw
やべぇ、と思ったんだけど抜け出すタイミングを逸したというか、別に15kmぐらいで終わってもいいか、みたいな感じでついていった。
しかしフォームの安定度が見事だった・・・特に上体のブレない度が凄い。
これMペースぐらいですか、凄いね。ボクはTペースだよ。
なんか余裕度たっぷりだったので、ボクも無理矢理余裕のフリをしたよ。
15km以降ちょっと息が乱れだしたけど。
17km地点で辛くなり、これ以上は故障しそうだったので終了。
ふ〜・・・ハンパねーなあの人達。

で、踵の蹴り上げを取り入れてフォームがカチッとハマった効果はどんなもんかと言うと。

1、着地が安定した
無理なく自然に重心の真下で着地できるようになり、着地した時にしっかり体重を載せられるようになった。
今まで脚の巻き上げは腿の振り出しというか膝を前に出す事だけでやってきた。
しかしその方法だと着地地点が前の方になってしまっていた。
無理に着地地点を重心位置に近づけようとしても中々近づかない上に、姿勢の維持に余分な力が必要だった。
腿の振り出しと踵を上げる事の両方で脚の巻き上げをやることにより腿の振り出し量が減った結果、重心の真下で着地できるようになったと思われる。
よくわからない着地の不安定感がなくなり、足裏の負担が減った。

2,姿勢の維持が楽になり、意識しなくても腰高。
重心の真下で着地できるようになったおかげか姿勢の維持が楽になった。
今まで無理矢理腹筋で耐えているような姿勢維持だったが、腹筋の余分な力みがかなり減った。
腰高にする時も体幹の力で絞り上げるように維持していたが、何も考えなくても腰高フォームが維持できる。
「あ、腰高忘れてたわ」と思って腰高にしようと思ったら、既に腰高だったのでそれ以上あがらなかったっていう。

3、腕振りが目に見えてコンパクトになった
今まではとにかくしっかり腕振らねーと進まねー的な感じだったけど、腕振りをあまり意識しなくてもポンポン進むようになった。
腕振りの位置が下がり、振り幅が小さくなった。
多分着地や姿勢が安定してるせいでしょうな。

4、脚の負担が減った
着地が安定したせいで力の偏りがマシになり、スピード維持の為に脚を無理に動かす負担が軽減した。

5、接地時間が減った
腿を振り出すことと踵を上げることの両方で脚を巻き上げる事により、巻き上げスピードが上がったのか接地時間が減った。
接地時間が減った事により軽快に走れるようになった。
ランニングエコノミーの向上にもつながると思う。

ざっくり言えば、楽に走れるようになった。
今まで意識しないとできなかった事が意識しなくてよくなったし、姿勢も楽。
ポンポンとリズムよく軽く走れるようになり、今までのフォームが地べたを這いずるような走り方に感じるようになった。
デメリットはあるかもしれないけど、今んとこよくわからない。
メリットがかなり多い。
心配事としては、このフォームに筋肉がついてくるかどうかという事。
後2週間、上手いことこのフォームが馴染むといいなぁ。
スポンサーサイト

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

コメント

わ~。みつかりましたかこのサイト。このサイトで私も着地が変わり走れるようになりました。
レポ先越されました(笑)
爆笑王さすがです。
フォーム改善かんばりましょう。

>ひよパパさん
こういうノウハウはランニング教室とかいってない人にはありがたいし、貴重ですね。
しかし・・・かけっこにしては内容が凄い。
体重移動とかももっと意識してやるといいんでしょうね。
マラソンに取り入れられそうなのはやっていこうと思います。

背伸びをするように意識して走るってのをやってみましたよ。
なんか、足がいつもより跳ね上がる感じがしました。

背伸びをするようにかあ。
なるほどね~。

>やべっちさん
頭のてっぺんを上から釣り糸で引っ張られてるように走る、とも言われますね。
足が軽く回せるような気がします。
色々意識する事が多くて大変ですね、マラソンはw
非公開コメント

カウンター

プロフィール

メガネくん

Author:メガネくん
2013.2.12から走り始めました。
久米田池の周りをぐーるぐる。

自己ベスト
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35

参戦予定大会
2016.12.23 加古川マラソン フル
2017.01.29 大阪ハーフ
2017.02.19 泉州国際市民マラソン フル

大会結果

2013.4.29 堺シティマラソン 10km 47:18
2013.10.27 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:45:33
2013.11.3 淀川市民マラソン フル 3:50:58
(初フル 目標サブ3.5 大撃沈)
2013.12.15 三田国際マスターズ ハーフ 1:42:33
2014.2.16 泉州国際市民マラソン DNF
2014.5.3 武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン DNS
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2014.10.26 和歌浦ベイマラソン1:41:28
2014.11.23 福知山マラソン3:58:03
2014.12.14 三田国際マスターズマラソン DNS
2015.1.11 信太山クロスカントリー 10km 49:04
2015.2.15 京都マラソン フル 3:36:01
2015.3.21 大阪城リレーマラソン DNS
2015.4.05 紀の川市桃源郷ハーフ 1:39:12
2015.8.30 夢高原かっとび伊吹 10km DNS
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2015.11.29 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:53:37
2015.12.20 二色浜マラソン 20km 1:35:29
2016.1.10 信太山クロスカントリー 10km 45:15
2016.2.21 泉州国際市民マラソン フル DNS
2016.4.10 紀の川市桃源郷ハーフマラソン DNS
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21

ブログ村ランキング

検索フォーム