「重心真下で着地」が生み出す誤解とすれ違い

まぁ、これボクも最近気づいたんすけどね(遅
面倒くさくて書かなかったんですけど。
意外とこの問題に関して書いてる人は少ない。
ボクは随分悩まされたよwww
るみおかんさんが同じ罠に嵌りそうなので書きます!
コメント入れるとすげー長くなりそうだったのでw

「重心真下で着地」
よく言われる言葉。
『これさえ出来れば楽に速く走れるに違いねぇ』
「重心真下で着地」
あぁ、なんと甘美な響きを持つ言葉であろうか。
その甘い言葉に吸い寄せられるように次々と人々は挑んでいるのだ。
「俺は重心真下で着地になる!!!」

練習を積み重ね、ある日思う。
『よぉ~し、重心真下で着地できたわ!』
しかし、自分のフォームが写った写真や動画を見て愕然とする。
「重心真下で着地・・・できてない・・・!」
それでも何度もトライする。トライして動画を見ては失望、を繰返す。
そして最後にはこう思う。
「俺にはまだ無理なんだ・・・」
そして諦める。

でも大丈夫だよ。あなたにも出来るはず。
「重心真下で着地」
ランニングってのはもっと自由なものなんだ!
「あなたの思う重心真下で着地」は出来なくてもいいんやで。
というかそんなん出来てる人は誰もいないからw
でもね、「重心真下で着地」は大事なのは大事なの。
何言ってんだかわかんないと思うけど。



この動画が一番わかりやすいと思うのでこれに沿って説明する。
パトリック・マカウ様だよ。超一流ランナーだよ。

pat-setti.png


着地の瞬間。
土踏まずの辺りから真上に線を引っ張ってみた。
さてこれは「重心真下で着地」しているだろうか?
考えるまでもなくしていない。
そう、トップアスリートは「重心真下で着地」はしていない。
トップアスリートどころか誰も「重心真下で着地」はしていないはずだ。
いや、ひょっとしたらやっているド変態もいるかもしれんけど・・・w

じゃあ、「重心真下で着地」って一体何なんだ?という事なんやけど。

pat-masita.png

「重心真下で着地」の「着地」はこの瞬間の事を指しているんですよ。
この体重を支えている瞬間。脚にぐっと力が入る瞬間。
「走っている間の主観的な意識としての着地」とでも言えばいいだろうか。

何故この体重を支える瞬間を「着地」というのか?
足運びの流れとしては

脚を前へ振り出す→足が地面につく→体重をぐっと支える→脚が後ろにいき始め地面を押す→後ろへいった脚を前へ引き付け巻き上げる

という流れになる。
走っている人の意識としては体重を支える瞬間がグンッと脚に負荷がかかるのでそれを「着地」と認識する。
そして上手に走る人は足が地面につく瞬間はすごくソフトに着地する。
すごくソフトに着地するので足がついた瞬間はかなり認識しづらい(意識すれば認識できるけど
動画でも撮らないと正確にどこらへんに足が地面についてるかなんてよくわからないのだ。

「重心真下で着地」は体重を重心真下でぐっと支える事。
足が重心真下に来たときに体重を支えるのが力を出しやすく一番楽だから。
間違って足が付く位置を重心真下へ一生懸命近づけようとするために悲劇が起こる。
自分のフォームをチェックした時に、足が地面に付いた最初の瞬間で動画を停止させて「足が重心真下にきていない→重心真下で着地できていない」と思い込んでしまう。

体重を重心真下でぐっと支える為に足が地面につく位置を調整したり、脚の前へ振り出し具合を調整するのはいいと思う。
だけど「足が付く位置を重心真下へしようとする」とフォームは改善どころか悪化する。
『前へあんまり出しちゃいけない』と思ってフォームが縮こまってしまうのだ。

余談だけど「重心真下で体重を支える」瞬間ではまだ地面は押さない。たぶん。
なぜならそのタイミングで地面を押してしまうと「体重+押す力」が足裏にいってしまいかなりダメージを食らう。
速攻で足底腱膜炎になる。
地面を押すのは体重を支えた後で流れるように押すのだ。
脚に地面が付くときの衝撃、体重を支える衝撃、地面を押す時にかかる衝撃を分散する事で楽に走れるのだ。
と、思うw (自信ねーのかよ

何をもって「着地」とするのか。どのタイミングを「着地」とするのか。
着地の定義が違ったために起こるすれ違いと悲劇。
お気をつけ遊ばせ。
スポンサーサイト

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

コメント

おおおお、ありがとう!
時間見つけてしっかり読んでからまたコメントするわ!
とりあえず見てるよってことだけ知らせとくwww

>るみおかんさん

要は着地はそれぐらいでいいんちゃいまっか、気にしなくていいよ。と言いたかっただけですがw
フォーム、前回より格段に良くなってましたね。
もっと良くなりそうなので頑張って下さい。

さてさて、遅くなっちゃったよごめんね。
フォームチェックを受けた結果を踏まえたかったもんで。

チェック結果はやっぱり着地は変わってませんねってダメだし(笑)
でもそれ以外がだいぶ変わってよくなったという評価でした。やったね!

で、着地なんだけど、一言も前でついてますとは言われてなくて、
膝下が前に蹴り出す動作が無駄ですよって言われてました。
これは手前に降りようって意識だけじゃだめみたい(笑)
後ろ足でしっかり伸びて前にジャンプ→反動で前に腿が上がる、でも膝下は柔らかく脱力してて前に振り出さずにストンと落ちる、だそうです。
私はまだ後ろ足も畳めてないし前腿も上がってないし伸びたままの大きな振り子なので、膝下の振り子を止められず前に出てしまうのかなあと。
実際自分の動画を見ても、身体が脚を追い越してないからね(^◇^;)

でも、手前に着く意識だけで断然走りやすくなったし、これはこれで正解だったと思うのです。
とまあ、書いててよくわからなくなりましたが、継続して頑張りますです。
泉州で会いましょう(^ ^)

>るみおかんさん

なるほど〜。動作の関連をきちんと説明してくれるのでわかりやすい指導ですね。
後ろ足でしっかり伸びてっていうのはボクも今取り組んでいるのですが、姿勢の制御がきちんと出来ていないと出来ないみたいで難儀しています。
脱力も結構難しいですよね。無意識に力が入ってしまうし余計な力は抜いた上で芯は力を残して必要な動きはしないといけない感じで。
脚だけでなく体幹部や腕等も上手く脱力出来てないとダメみたいですし。
でも脱力がきっちりできればランニングエコノミーはかなり良くなるようですね。
ありがとうございます。
そのチェック、ボクも参考になりましたw
非公開コメント

カウンター

プロフィール

メガネくん

Author:メガネくん
2013.2.12から走り始めました。
久米田池の周りをぐーるぐる。

自己ベスト
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35

参戦予定大会
2016.12.23 加古川マラソン フル
2017.01.29 大阪ハーフ
2017.02.19 泉州国際市民マラソン フル

大会結果

2013.4.29 堺シティマラソン 10km 47:18
2013.10.27 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:45:33
2013.11.3 淀川市民マラソン フル 3:50:58
(初フル 目標サブ3.5 大撃沈)
2013.12.15 三田国際マスターズ ハーフ 1:42:33
2014.2.16 泉州国際市民マラソン DNF
2014.5.3 武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン DNS
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2014.10.26 和歌浦ベイマラソン1:41:28
2014.11.23 福知山マラソン3:58:03
2014.12.14 三田国際マスターズマラソン DNS
2015.1.11 信太山クロスカントリー 10km 49:04
2015.2.15 京都マラソン フル 3:36:01
2015.3.21 大阪城リレーマラソン DNS
2015.4.05 紀の川市桃源郷ハーフ 1:39:12
2015.8.30 夢高原かっとび伊吹 10km DNS
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2015.11.29 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:53:37
2015.12.20 二色浜マラソン 20km 1:35:29
2016.1.10 信太山クロスカントリー 10km 45:15
2016.2.21 泉州国際市民マラソン フル DNS
2016.4.10 紀の川市桃源郷ハーフマラソン DNS
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21

ブログ村ランキング

検索フォーム