タビオ 市民ランナー烈伝 かーらーのー? ワイナイナ

ふと見つけたサイト「市民ランナー烈伝」。
ほっほ~。タビオさん、中々面白い企画ですな~。

vol.2の利根川さん、練習の仕方がちょっと面白い。
『マラソンに向けてのトレーニング時では30km走などのロング走はあまり行わず、距離よりもペースを重視。レースペースの感覚を身体に覚えさせる為に、5000m×3本か10000m×2本を走る。』

なるほど~、ボクもロング走ほとんどやらなくなったしこの練習方法は合うかも。
距離を本数で分けることでフォームもリセットできるし。
採用!

で、vol.1の牛山さんが強烈だった。
『フルマラソンを始めたのは2007年の秋。当時仲良かった友達(現在は妻)に、
河口湖マラソンに一緒に行かないかと1週間前くらいに誘われたのがきっかけ。
フルマラソンの練習もしていなかったけれど、当日エントリーで2時間30分を
切って入賞することが出来ました。』
す、すげぇ・・・ちょっと何言ってるか意味がわからねぇw

牛山さんに興味が沸いたのでちょっと検索かけたらブログをやってた。
「信州最速プロジェクト」

で、ブログの記事で今年の長野マラソンを走った事が書いてあったんやけど。
・・・めっちゃええ話やん!!
ワイナイナ、あったけぇ〜。
三人で笑顔で走ってる写真がめっちゃ良い。

自分の限界に挑戦してタイムを追っていくのもいいけど、それだけやないんやなぁ。
とマラソンの懐の深さを改めて感じた。


しかし、タビオさん。
市民ランナー烈伝、連載二回てw
ええ企画やからもうちょい続けて欲しかったな。

*追記:vol.3もあった。

*追記2:一般ブロガーのヨッチさんのブログがタイトルが変わって大変な事になっていた。
『あなたのピンにくん⭐』
ヤバすwww

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

メガネくん作陶する

社畜なくせに仕事には生きたくないメガネくん。
趣味だ。ぼかぁ、趣味に生きるぜ!
走るのも趣味みたいなもんだけど、陶芸に手を出してみた。

何故、陶芸なのか?
よめっこの趣味が陶芸なので。
手近なとこを攻めてみたw

前からなんとなーく気にはなっていたが、中々手を出せないでいた。
いや、今思えば「なんとなーく気にはなっていたな」とわかるけど、なんとなーく気になっていた過去の自分にはそのなんとなーく気になっていた自覚はあまりなかったように思う。
どうでもいい説明ありがとう。
そして、ある日ふと「やってみよかな?」と思ったのである。

趣味として熱中できるかどうかはわからんけど、とりあえず軽く教えてもらって作ってみることになった。
電動ろくろは難しいのでまずは手びねりから。
ティーカップを作る事にした。
仕事場でコーヒーをカップに並々と入れるのでよくこぼす。
なので背の高いカップがあればこぼさずに済むであろう。
だから背の高いティーカップを作る!

そもそも並々と入れなければこぼさないのでは?
背の高いカップがあっても結局並々と入れればまたこぼすのでは?

やかましい!と言いたい。
理屈じゃないんだよ!
パッションだよ、パッション。
陶芸はパッション!



写真はよめっこのブログからパクった。

P1130765mini.jpg

初心者のくせになかなかいい感じである。
ナイスパッションと言わざるを得ない。

P1130766mini.jpg

しかし、釉薬かけて焼いてみたら・・・

P1130776mini.jpg

あら?
パッションが足りなかったのかイマイチだ。
色合いがなぁ・・・気に入らない。
もうちょい渋い感じにしたかった。
というかサイズがかなり小さい。
「二割縮む」と事前に聞いてたけど、想定してたより縮む感じ。
もっとでっかく作らないとダメかぁ。
これでは並々といれてもすぐ飲み干してしまう。使えねぇ。
いや、だから並々と入れたらアカンて。
このカップは何故か欲しがっていたむすめっこに上げた。
むすめっこが使うには程よいサイズだ。

出来は良くなかったけど、中々面白かった。
形を作ったあと表面をヤスリがけするのが無心になれてよかった。
何だろう・・・地味な作業好きなんかな?
マラソンも淡々と走る感じだし。
写真、マラソン、陶芸・・・趣味が渋すぎるような気がしないでもない。

よぉし。ネクストチャレンジだ!
今度は失敗しないぜ!


・・・つづく

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

ウルトラマンダイナ VS ウルトラマンイダテンダイナ その2

まさかの第2弾。
『おいお~い。このイマイチ盛り上がらねー記事まだ続くのかよw
と思った方も多いだろう。
ボクだってすっかり終了態勢だった。
しかし書いてきた事を根底から覆すような重要な事実に気付いてしまったので書かざるを得ないのだ。


今日はある事を思いついた。
ダニエルズのランニング計算機。こいつにウルトラマンダイナのデータを入力。



VDOT 1106.7。おぉ、ちゃんと出るんだw
トレーニングのペースとかはマイナスとかなってグチャグチャだけど。
「私のVDOTは530000です ですがもちろんフルパワーであなたと走る気はありませんからご心配なく・・・」
「ピピ・・・ VDOT・・・たったの5か・・・ゴミめ・・・」

なんて事を妄想してニヤニヤ。

ココではたと気がつく。
・・・ん?17分?
すっかり忘れてたけどウルトラマンって3分までじゃなかったっけ?w
つまり・・これは・・フル走ってる途中でピコーンピコーンなんてカラータイマーが鳴り初めて、挙句の果てには「ジョワッ!」とか言って飛び去って行っちゃう感じ?
ウルトラマンダイナ、DNF確定やん。
一方、ウルトラマンイダテンダイナに3分という活動時間制限はない。
へろっへろになるまで活動可能だ。大きなアドバンテージ。
フルだって完走だけなら余裕(?)だ。
勝った!ウルトラマンイダテンダイナ大勝利!
ウルトラマンダイナ、イージーです。

よし。なんか俄然本気になってきたぞw まずは落ち着こう。
細い事だがちょっと気になってた事がある。まずはそこを見直そう。
人間サイズで競う時に身長をウルトラマンイダテンダイナの166cmに合わせてもらった。
なんかハンデもらったみたいで気に食わない(強気 もっと公正に行こうと思う。
かと言って元のサイズでやるとどえらい事になる。なんせ身長55メートル、体重4万5千トンもあるのだ。
スタートした瞬間にウルトラマンダイナの着地衝撃でコースが大揺れ。
あれ?地震!?もうランナーが立ってらんないぐらい揺れちゃう。
大混乱でマラソンどころじゃねーぞっていう。
「おいおい、ダイナの参加認めるとか運営ちょっとおかしーんじゃねーの?」
大会の運営が叩かれまくりで大会存続の危機!
ウルトラマンダイナもそれ以後どの大会にも出場禁止になってしまうだろう。
せっかく地球の平和のために貢献してくれてるのに、なんか可哀想。
やはりウルトラマンダイナは人間サイズで出場してもらうしかない。

問題は何cmにするか。やはりココはアスカ隊員の身長に合わせようじゃないか。
つるのたけ・・・いや、アスカ隊員の身長は178cm。
1.78m÷55m=0.03236363636・・・
時速4900km(マッハ4)をかけると時速158.581818164km
ペースにして22.7秒/km。
ウルトラマンイダテンダイナ換算24.5秒/kmに対して若干速くなった。
フルのタイムを計算すると・・・15分58秒。
やはり活動時間の3分を有に超えている。
ウルトラマンイダテンダイナの勝利揺るがず!しゃーんなろー!

じゃあ、一体3分で何km走れるのか?
ウルトラマンダイナが3分間で走れる距離、7.93km。
おぉ、なんと10kmすら走り切れないではないか。
ウルトラマンダイナの距離毎の予想タイムを出してみた。

50m 1秒14
100m 2秒27
200m 4秒54
400m 9秒08
10,000m 22秒7
5km 1分54秒
10km DNF
ハーフ DNF
フル DNF
ウルトラ DNF


10km以上のレースなら完走さえすればウルトラマンダイナに勝てる。
まずは福智山マラソンをしっかり完走し勝利を掴もうと決意するウルトラマンイダテンダイナなのであった!
え?ウルトラマンダイナくん、今更5kmにしてくれだなんてそいつぁ聞けない相談だよ。
悔しければフルを3分以内で走ることだな。
フハッ!フハハハハハハハハハハ!(無精髭アキラ風

・・・あっ、福智山でイダテンダイナ履くかどうかまだわかんないけどw

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

ウルトラマンダイナ VS ウルトラマンイダテンダイナ

詳細は後ほど書く・・・かもしれない?けど色々あってミズノのイダテンダイナ(ワイド)をノーポチ。
2014-1112-idatendyna.jpg
いや、ノータイムでもなかった。大分迷ってポチ。ノーポチって言いたかっただけです。
で、このまだ届いてないイダテンダイナ。
ワタクシ、丹後ウルトラ100kmマラソン完走者(ドヤッ であるメガネくんが履くとどうなるか?
ウルトラマラソンの完走者ってよくウルトラマンなんて呼ばれて称えられるよね。だから。

ウルトラマンイダテンダイナ爆誕。

となる。凄い。とにかく凄い。
たださえ凄いウルトラマンダイナにイダテンという言葉がついちゃった。
すげー速そう。速いに違いない。速すぎる。
とりあえず好敵手とも言えるウルトラマンダイナってどれぐらい速いのか?
好敵手と書いて「とも」と読む。
Wikipediaによると・・・

フラッシュタイプ 走行速度 マッハ3.5
ミラクルタイプ 走行速度 マッハ4
ストロングタイプ 走行速度 マッハ3

マッハてwww予想の遥か上いったコレwww
更に空を飛ぶと2倍ぐらい速くなるらしい。
しかしマッハ4という数字は100mでの数値?ハーフか?フルか?ウルトラか?
どこにも記載がないな!(あるわけない
ちなみにマッハ4は秒速1360m、時速4900kmらしい。
マッハ4で走るとフルのタイムはどれぐらいなのか?
時速4900kmはキロ0.735秒。42.195をかけると・・・
ウルトラマンダイナのフルマラソンベストは31秒!
惜しい!サブ30まであと1秒!(違

何時間とか何分じゃなくて秒なんだ・・・
困った・・・さすがのウルトラマンイダテンダイナもマッハでフルは走れない。
気持ち的にはマッハぐらいで走ってるときもあるけど。

しかしここで、待てよ。と思った。
ウルトラマンダイナ、とんでもなくでかい。
ガンダムより圧倒的にでかい。
身長55メートル、体重4万5千トン。
でかすぎ。これはとんでもないハンデだ。
よってウルトラマンイダテンダイナの166cmに合わせてもらおうじゃないの。
1.66÷55は・・・0.03
マッハ4を0.03倍すればいいんだな、たぶん。
4900kmの0.03倍は・・・時速147km。ペースにしてキロ24.5秒
人間サイズのウルトラマンダイナのフルマラソンベストタイム17分14秒。


おぉ!これぐらいならいけそう。
実に現実的数字だ。一時はどうなる事かと思った。完全名前負けじゃねーか、とすら思った。
ウルトラマンイダテンダイナの福知山マラソンの目標タイムは17分切りにしようと思います!

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

じゃあ、ウルトラマラソンの魅力って一体何なの?って話

丹後100kmウルトラマラソン。
60kmと100kmの2つのコースがあり、ボクは無謀にも100kmを選択。
100km。とんでもない距離だった。
そして七竜峠や碇高原付近のアップダウン。想像以上のキツさだった。とんでもねー坂だった。
最初こそ余裕ぶちかましていたものの30km未満で早々にキツさを感じだしたした。
走っても走ってもゴールが遠い。結構頑張って走ってるのに。
もどかしい程距離表示が増えない。
最後の90km~ゴールまでは時間に余裕がなく必至も必至で余裕など全くなく辛いばかりであった。
碇高原への登りでは右足裏の踵付近に痛みを感じだし、「痛くても走る」という修行僧のような事が始まった。
脚は限界状態でいつ心が折れてもオカシクなかった。
しかし、そこには確かにあった。
じわじわと長時間限界状態に追い込まれるが故の悪魔的な魅力が。
フルマラソンとはまた一味も二味も違う魅力が。

一体感、とでも言えばいいだろうか?
そんなものを今回の丹後ウルトラで感じた・・・ような気がするw

早々にキツさを感じ完走が遠い事に感じていた時、2回目の七竜峠の登りでたーはるパパさん井手さんコンビに出会いしばらく一緒に走った。
途中ではいしきちさんが追いついてきて4人でしばらく走った。
最後は不死鳥の如く復活したたーはるパパさんとTHさんと3人で走り一緒にゴールした。
一人では絶対に走りきれなかった。碇高原までいけたかどうかもアヤシイもんだ。
仲間と一緒に走れる安心感。とても有り難く感じた。
特にたーはるパパさんの安定したペースには非常に勇気づけられ、力を温存する事ができた。
この人達と一緒ならゴール出来るかもしれない。
暗闇に差し込む一筋の光に思えた。

エイドでは基本的に立ち止まってじっくり水を飲みバナナを食べたり。エイドの滞在時間が結構ある。
そこにはエイドの人達とのふれあいがあった。
笑顔で応援してくれて一生懸命水をついでくれる姿をじっくり見ることができた。
ボトルに水を入れて下さいと頼むと笑顔で入れてくれた。
フルマラソンではそれを有り難く思っても立ち止まったりせずにずっと走るので、そこまでのふれあいはないし。
フルマラソンでは公式のエイドで事足りてしまう事が多いんだけど、ウルトラだとエイド間の距離が長い箇所もあるので応援のエイドがとても有り難く感じる。
そこでもまたふれあいがあり随分と元気をもらった。
梨を出してるおばちゃんは次から次へと来るランナーに対応しきれず皮を剥くひまもない。
面倒なので皮も種も全部食べてしまったけれど、美味しかった。

応援と応援の間隔が割りとあって応援に応えやすかった。
応援の数もフルマラソン程多くはなかったし。
応えやすかったし、辛くても応える時は笑顔になれた。
ブログを随時更新してたから、それを見て書きこんでくれたコメントからも元気をもらったし勇気づけられた。
最後の辛い道のりもふなっし〜にはしゃぐ子供を見てほっこりしたりもした。

次から次へと移りゆく丹後の美しい景色。
中には圧倒されるような凄く綺麗で雄大な景色もあった。
あちこちで凄いとか綺麗だとか声が上がり、写真を撮る姿もあった。
ボクも撮るのが好きだから余裕ある時はシャッターを切りまくった。
そんな素晴らしい景色を他のランナーや仲間と共感できたのがとても良かった。

辛い時も周りには力強く走る姿があった。
さすが100kmに挑むだけの事はある。
皆粘り強く、意志も強くしっかりしている。
疲れて限界近いはずなのに着実にゴールを目指して走っていた。
ボクだってここまで来れた、走らなきゃ。ゴールしなきゃ。きっとできるはずだ。

ファーさんのお師匠さんの言葉で「走ることに謙虚さがない」という言葉があったと思う。
それを見た時は何だか分かるような分からないような、そんな感じだった。
丹後ウルトラを走ってる時、走り終わった後。
思いっきり謙虚な気持ちになった。色々な事が有り難く感じ感謝した。

一緒に走ってくれてありがとう。
応援してくれてありがとう。
走らせてくれてありがとう。
一緒に辛い思いをしてくれてありがとう。
一緒に楽しんでくれてありがとう。

まぁ、フルでもそういう一体感を感じる事はあるんだろうけど、ウルトラだとより強く感じたって話です。
書いてたらゴールでは泣けなかったのに今頃になって少しだけ泣けてきた。

ウルトラのゴールで泣く秘訣があります。
ギリギリまで追い込まれつつ多少の余裕を持ってゴールする事。
あまりに余裕がなさすぎると、コレまでの道のりとか感謝の気持ちとかそういうのを思い返す暇もないまま、あれよあれよという間にゴールしちゃいますからねw
そういう思いを噛み締めながら、ゴール前は時間的にも気持ち的にも少し余裕を持ってゴールするといいのではないかと思います。

↓クリックでメガネくんがキロ10秒速くなります。おなしゃす!
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村ランキング参加中!

カウンター

プロフィール

メガネくん

Author:メガネくん
2013.2.12から走り始めました。
久米田池の周りをぐーるぐる。

自己ベスト
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35

参戦予定大会
2016.12.23 加古川マラソン フル
2017.01.29 大阪ハーフ
2017.02.19 泉州国際市民マラソン フル

大会結果

2013.4.29 堺シティマラソン 10km 47:18
2013.10.27 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:45:33
2013.11.3 淀川市民マラソン フル 3:50:58
(初フル 目標サブ3.5 大撃沈)
2013.12.15 三田国際マスターズ ハーフ 1:42:33
2014.2.16 泉州国際市民マラソン DNF
2014.5.3 武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン DNS
2014.9.14 歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13:49:27
2014.10.26 和歌浦ベイマラソン1:41:28
2014.11.23 福知山マラソン3:58:03
2014.12.14 三田国際マスターズマラソン DNS
2015.1.11 信太山クロスカントリー 10km 49:04
2015.2.15 京都マラソン フル 3:36:01
2015.3.21 大阪城リレーマラソン DNS
2015.4.05 紀の川市桃源郷ハーフ 1:39:12
2015.8.30 夢高原かっとび伊吹 10km DNS
2015.11.1 淀川市民マラソン フル 3:26:30
2015.11.29 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:53:37
2015.12.20 二色浜マラソン 20km 1:35:29
2016.1.10 信太山クロスカントリー 10km 45:15
2016.2.21 泉州国際市民マラソン フル DNS
2016.4.10 紀の川市桃源郷ハーフマラソン DNS
2016.4.29 堺シティマラソン 10km 41:35
2016.10.23 和歌浦ベイマラソン ハーフ 1:33:21

ブログ村ランキング

検索フォーム